高気密住宅の話

高気密住宅は、気密性の高さで外と中の空気の流れをシャットアウトし、少ない冷暖房日で快適に暮らせます。

ただし、機会で家の中の温度・湿度を調整するので窓を開ける事はできず、換気設備を24時間稼動する必要があります。換気設備を稼動しなければ、室内、そして壁内や床下などで結露やカビなどが発生し、家屋の寿命に影響が出る事があります。また、換気設備の故障の可能性や、性能による効果の違いも考えられます。

「気密測定での数値が高い」、「家中の温度がどこでも一定になる」など、目に見える良さだけを見て家に採用するのではなく、メンテナンス性なども含めた『暮らしやすさ』を第一に、高気密住宅の実現に向けた家づくりを考える事が大切です。