道具の達人35~凍結防止~

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

今季は早い時期から急に寒くなり、体が縮こまって肩が凝ります。寒くなると人間も調子悪くなりますが、工具、機械などにも影響が出ます。充電工具は寒すぎると充電しなかったり、エアー工具はシリンダーの動きが悪くなったりします。

一般的には寒くなって起こるトラブルと言えば水道の凍結でしょうか。水を出そうと思ったら凍っていて出ないなんてことは屋外では良くあります。水を使う予定があるのであればチョロチョロと少し出しておくことをお勧めします。もったいないですけどね。あと凍結でこの時期よく起こるのがポンプや高圧洗浄機の故障です。機械内の水が凍って膨張し、バルブなどに亀裂を起こし、水漏れや故障の原因になります。面倒ですが、使わないときは水抜きをしておくことが大事です。また屋内にしまっておくことによって凍結を防ぐことができます。

最も身近な凍結といえば、地面や車の窓などですね。地面の凍結は前の日から塩化カルシウムなどの融雪剤は塩と似たような働きをするので車体の錆の原因になったりします。この時期は道路に撒かれていることがあるので帰った後は車体の舌などを水洗いしておくことをお勧めします。最近はそういう影響の少ない大理石由来の融雪剤なども出ています。コストは何倍もしますが…。車の窓の凍結には吹き付けるだけで瞬時に溶かしてくれるスプレーもあります。これで朝の急いでいるときもすぐに出発できます。

まだまだ寒い日が続きますが、少しの智絵と手間で快適に!