道具の達人33~充電式園芸工具~

弊社の本店は多可町にあるのですが、多可町でおもしろい企画が9月から始まります。その名も「発祥の地めぐりスタンプラリー」です。多可町は「敬老の日」、「酒米山田錦」、「杉原和紙」の発祥の町になります。その他課長の発祥に関連した商品、サービスなどを提供している店舗をめぐってスタンプラリー形式で楽しんでもらうイベントです。

そのイベントに当店も参加させていただきます。当店は「敬老の日」にちなんで、お年寄りの方に優しい充電式園芸工具の展示販売をします。今までに何度も紹介していますが、刈払機、チェンソー、ヘッジトリマーなど、エンジンが当たり前だったものが充電式に変わってきています。

エンジンから充電式になると何がお年寄りの方に優しくなるのかというと、まずは操作が簡単ということです。充電さえしておけば、スイッチの操作だけで始めることが出来ます。お年寄りの方にたまにあるのですが、刈払機など「エンジンがかからない」といわれて修理に持ち込まれるのですが、こちらでやってみると普通にかかる。何が原因かというとスターターを勢いよく引っ張る力がなくてエンジンをかけることが出来ない。そういう方には充電式をお勧めしています。またガソリンなどの燃料の保管にも気を遣うことがありません。女性の方にもお勧めです。

しかし、まだまだ充電式のイメージが悪く、「力が無い」「重たい」などといわれる方が多くいらっしゃいます。実際に触っていただくと、パワフルで扱いやすくて静ということを感じていただけるはずです。当店以外にもおもしろい商品、ワークショップを行なう店などもありますので、ぜひこの機会に多可町をめぐってみてください。