道具の達人23~充電式クリーナー~

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

年末は大掃除されましたか?掃除に欠かせないのが掃除機ですね。しかしながら、子供が散らかしたちょっとしたお菓子の粉や、車の中の清掃などに大きな掃除機を出してくるのは面倒で、電源のコードも煩わしいですね。そこで便利なのがハンディタイプの充電式クリーナーです。特に日本の電動工具メーカー、マキタ社製の充電指揮区r-なーは性能が高く、新幹線お車内清掃などにも使われています。プロ用電動工具のモーターを作っているノウハウがクリーナーにも生かされているのでしょう。その性能の高さから、通販などで絶大な人気を誇っています。弊社でも試してみたことがあるのですが、小さなボディにも関わらず、500円玉やライターを吸い込むパワーがありました。

また、マキタの充電式クリーナーにはさまざまなタイプが有ります。まず、ゴミ捨て方法が紙パックタイプか、カプセルタイプかです。紙パックタイプはコストがかかりますが、ゴミ捨て時に手が汚れず衛生的です。カプセルタイプはコストはかかりませんが、ゴミ捨て時に埃が舞ったりカプセルを洗うという手間がかかったりします。続いて、スイッチタイプにワンタッチスイッチとトリガー式スイッチがあります。ワンタッチタイプは連続運転が可能で、持ち手が自由になり、高いところや狭いところ、階段などの掃除にお勧めです。トリガー式は握らないと動かないので、続けて使うときには、結構疲れます。しかし、スイッチの切り忘れの心配がなく、バッテリーの消費も抑えます。

そして、最近のバッテリーはリチウムイオンバッテリーといって家電や携帯電話にも使われています。継ぎ足し充電や放電が少ないことなど利点が多く、またマキタの充電工具を持っておられる職人さんなどは共通のバッテリーが使えるのでプロのかたがたにも人気です。

ぜひ一家に一台マキタの充電式クリーナーをお勧めします。