道具の達人16~高圧洗浄機~

秋祭り、稲刈りも終わり、冬の匂いがしてきましたね。これから年末にかけて洗浄や外壁の洗浄、秋の収穫で使った機械などを洗うことが出てくると思います。そこで登場するのが高圧洗浄機です。

この高圧洗浄機には主にエンジン式タイプと電気式タイプがあります。エンジン式は場所を選ばず使用することができますが、電気式は近くに電源がいるか、もしくは延長コードで電源を引っ張ってくる必要があります。しかしながら、エンジン式の高圧洗浄機はこれまで紹介した道具と同様に燃料を用意しなければいけませんし、メンテナンスをしていなければエンジンがかかりにくいなどというデメリットがあります。また電気式は延長コードを伸ばしすぎると電圧降下が起こってパワーが出なかったり、故障に繋がったりするので、できるだけ電源の近くでの使用をお勧めします。そして、相対的にエンジン式の方が高価です。

また、電気式には自吸式と非自吸式があります。エンジン式はほぼ自吸式です。自吸式は近くに水道が無い状況でもタンクやバケツに貯めた水を洗浄機自ら吸い込んで使用することができます。非自吸式は水道やポンプなどに直結して水を送り込んでもらうと使用することができます。

続いて高圧洗浄機を選ぶうえで、重要なのが水量と水圧です。水量が多くても水圧がなければ、水を垂れ流しているのと同じで勢いがなく汚れが落ちませんし、水圧が高くても水量が少なければ、水鉄砲みたいなものでやはり汚れが落ちません。使用する場所、何に使うかを想定して選んでみてください。これからの季節大活躍です。