農薬不使用で生青汁を作るってものすごいことやねんで!?

さて、前回の続き、大分の青汁の圃場工場見学ツアーです。

懇親会で20~30代の友達が増え、団結力が生まれました。同年代の同業者の繋がりって大切にしたいものですよね。そんな仲間と圃場(農場)に向いました。

一面、鮮やか過ぎる緑の若葉畑が広がります。契約農場の方々の挨拶が終わると、刈取マシーンで収穫体験。物凄い勢いで刈り取られてコンテナに入っていく大麦若葉は圧巻でした。参加者はポスター等に使う為の写真撮影を行い、摘みたての大麦若葉をしがませていただきました。濃い!そして、美味しい。農薬不使用だから安心して子どもさんにも食べさせる事ができます。他社は殆どが繊維質を大量に採る為に虫に食われないよう農薬を使っているのが現状です。

工場では、製造工程を見せて頂き、さらに自分で青汁を絞り出す青汁体験をしました。生の大麦若葉をすりこぎで潰して、布巾で絞り、生絞り青汁を作ります。とても深い綺麗な緑の汁が出てきて身体にもよさそうです。これをスプレードライしたものが当店で販売している粉末青汁になるんですね。

一方で、比較のために、世の中の大半の青汁製造法である湯通しした大麦若葉もすりつぶして濾してみます。全然違いますね。湯通しすると繊維の中で汁のタンパク質が凝固するので、成分がほとんど出なくなります。

工場で出る絞りカスもとてもきれいな緑に染まっていますが、飼料業者に売られミキシングされて牛などの家畜の餌になるそうです。

このように土、種、製品化工程、農薬不使用と拘りぬいた青汁はきっと世界中みてもこれ以外見つかるわけないね、って納得しちゃうたびでした。