耐震性と数値

前回のコラムは、機密性能や断熱性能の数値以上に、体感温度の方が本当の快適性につながる話でした。

今回は耐震性能についての話です。

『自身の揺れに耐えられる性能』として、耐震等級があり、耐震等級とは、揺れに対抗するための『耐震壁』の多さで決まります。しかし、耐震壁によって軽減された揺れでも家が崩れる場合があります。その要因として柱と土台、柱と床梁をつなぐ『接合部の弱さ』が挙げられます。

どんなに揺れを軽減しても、柱が土台や床梁からはずれると家は崩れてしまいます。接合部の強度を高めれば、柱が土台や床梁からはずれる事は無く、家が崩れる可能性は激減します。揺れを軽減する為の『耐震壁』、建物を強くする為の『接合部の強度』、両方合わせると最強の家が完成します。

当店では無垢材を使用しながらも、『接合部の強度』を確保した骨組みをご提案します。