睡眠は人間の営みにとって最も重要な行為

人間の体は、5日間くらいなら水だけで生きていくことが可能といわれていますが、5日間睡眠をとらないとなると身体に様々な弊害が起きてきます。人にとって睡眠とはそれほど重要なのです。

睡眠は、身体を成長させるだけでなく、傷や病気、体力を回復させる力を持っています。風邪をひいたとき、薬を飲んで「緩和」することはできますが、薬で治すことはできません治すのはあくまで「人間の自然治癒力」であって、その自然治癒料を上げるのに最も効果的なのが睡眠なのです。それだけ睡眠を取るということは重要なのです。