姿勢は分担して作る

 いい姿勢、悪い姿勢ということについて、考えてみました。もちろん、人それぞれ個人差はありますが、私が思う悪い姿勢とは、カラダのどこかに無理がかかっている状態です。逆にいい姿勢は、カラダのつくりに負担をかけない状態です。言い換えれば、重さや負担をうまいこと分担している感じ。足、脚、骨盤、背骨、鎖骨、首の骨が順番に積みあがって頭を支え、周りの筋肉がええ感じにサポートしている、みたいな。流行りの(?)骨盤を立てるっていうのも、この分担のプロセスの一つと言っていいかもしれません。

まずは、自分のカラダが無理していないか、どこかがんばりすぎてないか、気づくことから始めましょう。