姿勢の安定は足のウラから


写真はバレエの足のポジションです。なにやら見慣れない形に見えるかもしれませんが、誤解を恐れずに言うなら、足首から先の形自体にあまりとらわれる必要はありません。大切なのは足ウラ全体が接地していて、しかもヒザとつま先の方向がそろっていることです。それを意識すれば、ゆがみやねじれのない本来の脚の形になるので丈夫です。その上に骨盤、胸、首、頭が順にバランスよく乗っかって安定し、負担、もっと言えば重さを分担して支えるので、それぞれの部位が楽になります。ふだんの「立つ」「歩く」「坐る」など、地面に足ウラが接している場面でも同じことです。

ぷろむなーどのレッスンでは、バレエやストレッチはもちろん、着付けの時も可能であれば、足ウラの感覚を意識することから始めています。お気軽にご連絡、ご参加くださいませ。