味覚のお話

人間ほど食べ物に対してこだわりを持つ生物は他には見られないでしょう。より美味しいものを食べたいという欲求が、複雑な味を作りだし、その味を感じる味覚も発達してきました。人間の味覚には、甘味、塩味、旨味、酸味、苦味の5種類あります。野生動物は、どのような味覚を感じることが出来るのか、比較してみたいと思います。

身近なペットのイヌは塩味以外の4つの味覚を感じることができ、ネコは甘味以外の4つを感じることが出来ます。特に過剰な塩分摂取は健康を害しますが、イヌは塩分を感じることが出来ませんので、飼い主は塩分濃度に注意して餌を与える必要があるでしょう。

鳥類は甘味以外の4つの味覚を感じ、ネコと々味覚を持っているようですが、例外として花の蜜を主食とするハチドリの仲間は、進化の過程で甘味を感じるようになったようです。ペンギンは酸味と塩味の2種類だけ感じますが、同じ鳥類でも生息環境でかなりの差異が出るものですね。

下には「味蕾(みらい)」と呼ばれる、味を感知する小さな器官があり、動物によっては軟口蓋にも分布されています。人間にはこの味蕾が9,000個ありますが、イヌで約1,800個、ネコで約800個あります。人間より数が少ないということは、味覚の幅が狭いということになります。

さらに味蕾が少ない動物は、ニワトリで24個、獲物を丸呑みにするヘビは味覚より獲物を感知するレーダーとして舌を発達させましたので0個だそうです。

逆に人より多い動物は、牛2.5万個、ナマズはナント10万個もありますが、ナマズの場合はヒゲや皮膚にも分布していますのでこの数になっています。つまり濁った水の中でも通りすがりに、「アッ!あそこにエビが居る。こっちにはウナギが居る。」と獲物を感知するのに役立っているようです。(ヘビのように味覚を感じないのも、それこそ味気ないものですが、ナマズのように皮膚から味を感じるのも、レストラン街を通るたびに匂いだけで満腹。胃もたれになりそうです。)

野生動物にとって5つの味覚の中で重要なのは苦味です。野生では、苦味と直結するものは毒や腐敗したものである可能性が有り、危険を回避するために重要な感覚になりますので、苦味のあるものは避ける傾向があります。しかし、チンパンジーは体調が悪い時に、苦味成分を含む(つまり毒を含む)植物を食べて薬のような使い方をします。実際に苦味成分の仲には寄生虫を駆除する力があるため、体調を整えるのに有効なようです。(チンパンジー担当の私も、チンパンジーに習って毎晩ビールの苦味で体調を整えております。)

姫路セントラルパーク 動物部
副園長 坂出 勝