健康へ目を向ける17~手のしびれ~

手のしびれ、腕の痛み、だるさといった症状はありませんか?

それらの症状にはいくつかの原因が考えられますが、その中でも手を上げる、吊り革を持つ、バッグを肩にかける、重い荷物を持つ、首を横に倒す、などの動作で手や腕にしびれや痛みが出る方や症状が強くなる方は『胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)』という疾患かもしれません。これは首や肩、鎖骨、肋骨にかけての筋肉が神経や血管を圧迫することによって起こります。

症状が出てから早めに治療をすれば、1~数回の治療で治る疾患ではありますが、慢性的にそのような症状が出ている方は、数回の治療で症状が軽くなった後も、ある程度の期間治療を要する場合があります。

治療内容としては、症状が重い場合は鍼を主とした治療になります。鍼が怖いという方は指圧での治療も可能ですが、鍼よりも治療回数が増えます。

どちらの場合も、首肩周りや前胸部の筋肉を緩めて、斜角筋などの柔軟性を取り戻すことで症状が楽になっていきます。

手のしびれなどの症状は、他の疾患が原因の場合でも治療により症状を緩和することが出来ます。手のしびれ、腕の痛み、だるさ、肩こりなどでお困りの方は、当院へご相談ください。