健康へ目を向ける12~夏は冷やし過ぎない~

この時期、エアコンを強くし過ぎてはいませんか?夏場は、知らず知らずのうちに身体が冷えていることも多くなります。

暑いのを無理に我慢すると熱中症など命に関わることもありますが、冷やし過ぎても良くありません。

首・肩・腰などが冷えると、肩コリ、腰痛の原因になるのは皆様ご存知だと思います。ですが、肘周りが冷えると首肩のコリ、足首や膝が冷えると腰痛になるのはご存知でしょうか?身体が冷えるとなかなか疲れが取れず、疲れが溜まってしまいます。

また、水分摂取の際も気を付けてください。冷たい物を一気に飲むと、胃腸などの消化器系が冷え、消化機能が低下することで栄養の吸収力が落ち、夏バテの原因にもなります。これは、アイス・かき氷などの冷たい食品を食べ過ぎても同じですので、気を付けてください。

さらに胃腸の冷えは、免疫力の低下や自律神経系への悪影響など、良いことはありません。暑い時は、氷などで口の中を冷やすのは効果的ですが、胃腸を冷やしてはいけません。

逆に、温かい飲み物などで胃腸を温めると消化機能が向上するので、夏バテ気味だと感じたら、温かい飲み物や食べ物を摂取してください。