パートナーの選び方

家造りにとって大事なパートナー会社の選び方について、大きく分けて3つの方法をご紹介します。

まず、全国規模で展開している大手ハウスメーカーに依頼する方法です。やはり知名度もあり、住宅展示場でいつでも見られるのは魅力的です。その規模を生かし、営業力・宣伝力・技術開発力・アフターサービスなどに優れています。

次に、工務店やビルダー(メーカーでは無いが家を造る会社)に依頼する方法です。大規模ではない分、施工担当と直接話ができ、頻繁に打ち合わせができるなど融通が利くのが利点です。また、地域に密着しているお店では気候風土や生活慣習などを踏まえた上での家造りができます。

最後に、建築士に依頼する方法です。意外と知られていないのですがデザインはもちろん、予算に合わせたオーダーメイドの家が造れます。施主の要望を汲み取り、理想の『住みたい家』を形にしていってくれるのが建築士です。

パートナー選びで私自身が最も大事だと思う事は、『パートナーが家に近い事』だと思います。建築中や完成後に何かあればすぐに駆け付けられるので安心ですし、何より地元での評判があるため、より良い仕事をしてくれます。

パートナー選びの1つのポイントとして参考にしてみてください。