わが家は大丈夫?

昨今いつどこで起きてもおかしくない大地震。そのための対策はされているでしょうか?

地震が引き起こす被害のうち、特に大きいのが「家の倒壊などによる圧死」です。柱や梁、天井の下敷きになると自力での脱出は難しくなります。地震に備えて食料や水を家に蓄える方は多くなりましたが、その前に家の倒壊を防ぎ、被害を最小限におさえるための備えが必要です。

「この家は地震が来ても大丈夫?」という不安はあっても、実際どれくらい危険なのかはわからない方が多いはずです。家の倒壊を防ぎ、被害を最小限におさえるため、次の2点をチェックしてください。

その1
家を建築したときが1981年以前かを確認してください。
(耐震に関する建築基準法が大きく改正されたのが1981年で、耐震性についての大きな分岐点と言われています)

その2
その1に該当する方は市町村が実施している簡易耐震診断を申し込んでください。(一部の市町村では無料です)

家族を守る家、その家出大事な家族を失わないために出来る対策はしておきましょう。