ため息のススメ

ballet1512
ため息をつくという行為には、マイナスイメージがあると思います。でも、呼吸が下手、とりわけ吐くのが苦手な場合(私のことだ)には、とにかく無理にでも息を吐く行為をさせてくれる、とてもお役立ちなモノなのです。ただし、ため息が出る時というのは、極度の緊張などで呼吸が止まってしまっていることが多いです。つまり、ため息をつくなどもってのほかという場所や場面ですね。

私のレッスンでは、「はぁーって声出して言いながら」あるいは「あ~しんどって思いながら」、わざとため息をついてみて、と指示することがあります。まあ大体は遠慮してしまわれますが(笑)私がいいって言うんだからいいんです。盛大にため息つきたいみなさん(?)、体験レッスンにぜひお越しくださいませ。