せやから太んねん!鍋野菜が増えて生野菜は減る冬

前回の補足ですが、アレルギーの人の身体の中ではロイウコトリエン(LT)という物質が分泌される事で鼻づまりや喘息が起こります。これを抑えるお薬はお医者様が処方されますが、SD(スプレードライ)製法の大麦若葉エキスの研究結果で、このエキスがLTの合成を邪魔する事が報告されています。つまり鼻づまりや喘息が起こりにくくなるんですね。

さて、冬場は身体を温めたいのでお鍋が増えますね。コンビニに行くと、サラダも欲しいけど、おでんが欲しくなります。そして、暖かい部屋であまり動かず、新作のチョコを食べたくなります。結果、あれれ、太っちゃった…ってなことを毎年繰り返しているあなた!SD製法の青汁を飲み始めてください。冬に青汁と言うと、身体が冷えそうで嫌だなと思う方もいるかもしれませんが、SD青汁なら大丈夫です。なぜならば、ミネラルと酵素がバランスよく摂れるので燃焼効率をあげることにもなるからです。

厚労省が健康に暮らすために毎日350gの野菜と海藻類を摂取して!と提唱していますが、実際は困難ですよね。日本人の実際の平均摂取量は200g、多い人で250g程度だそうです。そのうち新鮮な野菜をそのまま食べている量は?う~ん…ですよね。

熱を加えると熱に弱い酵素やビタミンや栄養素は壊れてしまいます。お鍋で野菜は摂っているのに太る、冷える、乾燥する。それは必要な成分が摂れないからです。代謝効率もあがらないですよね。ちなみに世の中の多くの青汁は加熱滅菌と乾燥をして粉砕したもので、のどごしもザラザラとしていますが、温野菜に近いです。冬こそSD青汁で生野菜不足を補いませんか?冬場の美容、健康、冷え、ダイエットに絶対オススメです。