お口の筋トレでインフルエンザ予防!?

みなさんのお口の健康を守る津田歯科医院の津田宜志です。この時期大流行のインフルエンザや、風邪をひきやすい方に読んでいただきたいお話です。

みなさん、お鼻で呼吸してますか?お口がポカーンとあいていませんか?当たり前ですが、人間を含めた動物は鼻で呼吸(鼻呼吸)しています。ところが毎日、歯科医院に来られる患者さんを見るとお口で呼吸(口呼吸)をしている方が多いように感じます。

鼻から吸いこんだ空気は鼻毛や鼻腔の粘膜により、空気中のチリは花粉、バイ菌などがブロックされ、体の中に入るのを防いでくれます。そう、鼻の中は天然のフィルターの役割をしているのです。一方、口から吸い込んだ、たくさんのチリやバイ菌を含んだ空気は、直接ノドの奥に侵入します。すると口の中は乾燥し、バイ菌が繁殖しやすい状態になってしまうのです。風邪やインフルエンザから体を守るには、鼻呼吸をし、異物の侵入を鼻フィルターでストップさせることが大切です。(お口の乾燥によりむし歯菌も増えてしまいます。)

鼻から呼吸するためには、口の周りの筋肉と舌を鍛えてお口がポカーンとなるのを予防しましょう。いつでもできるお口の筋トレ「あいうべ体操」をご紹介しますのでぜひ試してくださいね。