おうちの骨のハナシ

木造住宅を建てる時のコツは、昔から「適材適所」と言われています。木材にはそれぞれ性質があり、それぞれの性質をよく理解して使うことをうながした言葉です。

つまり化粧材には杉・ヒノキ・松、床板にはケヤキ・松、土台にはヒバ・クリなど、それぞれに適した木材を選ぶことによって永年快適に住むことのできる家を建てることが可能になります。

家屋の「骨」となる構造材に、適した木材をうまく使えば、家の寿命も快適性も、ぐーんとアップするのです。

木造住宅専門店ならではの確かな骨組みを見に来てください。