『建築家』と『建築士』はどうちがうの?

実は似たような名前でも、俗称か、国家資格であるか、という大きな違いがあります。

『建築家』とは、資格や制度として保証されていないので、自称で名乗ることができ、無資格建築家がいないとも言い切れません。

一方『建築士』は、国が実施する国家試験に合格した者を言い、建物の規模によって一級・二級に分かれます。家を法律的・構造的に設計するには、国が知識・技術を証明してくれる『建築士』が必要です。

『建築家』、『設計士』、『プランナー』など、すべて自由に名乗れますが、建築のプロであり、建築の法律が扱える『建築士』の国家資格を持っているかどうかを確認されることをおすすめします。