「楽にしてください」のワナ

座る

よそのお宅を訪ねた時など、かしこまって座っていると「足を崩してくださいね」「楽にしてくださいね」と言っていただくことがあります。この場合、あぐらとか横座りというのが常道かなと思いますが、残念ながら両方ともカラダのバランスから考えると「楽」とは言えません。負担の少ない「楽」な座り方のポイントの一つは、座骨、つまりおしりの骨の感覚です。左右が同じような感覚で床についていれば、主意の筋肉が自然な無理のない状態になり、それによって上半身が安定して、腰や肩の「楽」につながります(個人差あり)。

ぷろむなーどのレッスンでは、写真のような、ストレッチに定番の足ウラ同士を合わせた形や、時には正座をして、座骨の感覚を確認しますが、自分の「楽」な形を、まずは自分で実感していただくことを大切にしています。体験・見学随時歓迎です♪