「力を入れる」と「力が入る」

レッスンの時に「どこに力を入れたらいいですか?」と訊かれることがあります。基本的に私は「力を入れる」という言葉は使いません。力を入れようとすると、その部分が固まって、逆に動きが妨げられるからです。

例えば、今ある手のイチから、遠くを指差すように手を上げてみましょう。どこかに力を入れようと考えたでしょうか。まず動かしてみること。その動きが身体にとっては自然で楽なのです。どこに力を入れるかではなく、どこを動かしたいか。動かすことによって「力が入る」場所があります。上述の動きなら、動かしたのは指先で、力が入ったのは肩や腕だと思います。それを、肩の後ろに力を入れて動かして、などと指定されると不自然な動きになるでしょう。

時に意外な部分を動かしたりもして、ゆる楽な身体を作る、ぷろむなーどのレッスンを、ぜひ体験してみてください。