かもさんおとおり

libra1506
ロバート・マックロスキー 文・絵
渡辺茂男 訳
1965年 福音館書店発行


舞台は1940年代のボストン。カモのマラードさん夫婦が、安心して子育てできる場所を探して、新しい住処の公園へ移り住むまでの途中遭遇する様々な出来事が描かれ、優しく見守る人々との触れ合いが心を和ませてくれる絵本です。

著者のマックロスキーはアメリカの絵本作家で、この絵本は1941年い発行され、42年にはアメリカで最も権威のある児童書の賞であるコルデコット賞を受賞しています。

カモの親子をはじめ、ボストンの街並みやカモの行進を優しく見守る人々の様子が細部までいきいきと描かれたセピア色一色の優しい絵が素晴らしく魅力的で、古き良き時代のボストンを彷彿とさせます。日本で最初に翻訳されたのは1950年で、現在に至るまで変わらず読み継がれている、大人も楽しめる不朽の名作絵本です。

8羽のコガモを連れたマラード奥さんが、一列になって得意げに街の中を行進するところが見もので、今の季節にピッタリです。どこかで同じような光景に遭遇するかもしれませんね。

西脇市図書館 楠本 昌信